不動産のミライエ
10:00~18:00
毎週水曜日、他不定
2021年11月09日
不動産について

借地の承諾料 その真実 - 堀切菖蒲園 -【R3.11】

こんにちは、不動産のミライエ 大山です。

 

借地権の譲渡承諾料について、誤った認識をお持ちの方が

まだ多くいらっしゃると知る機会がありましたので

端的にご説明したいと思います。

 

インターネットや参考本では当たり前のように書いてあります

借地権の譲渡承諾料は【 借地権価格の10%前後 】ですが

それ、残念ながら誤りです (*゚Д゚*)ェ…

 

正解は、「地主さんの言い値」なんです!

10%は目安と言われる数値に過ぎず、その範囲に制限される訳では

決して無いんです ェエェエェエェエ(゚Д゚ノ)ノエェエェエェエェ

 

とは言っても法外な承諾料を要求されたら、いくらなんでもトラブルに

発展しかねませんよね。。

 

そこでようやく、目安の一つとされる借地権価格の10%前後が登場しますが

ここで再び、チョット待ったー ゑゑゑ….φ(´ι _` ; )

この「借地権価格」を算出する基準は実際にはどれだと思いますか?

 ・売却可能な想定金額

 ・固定資産税評価額

 ・不動産鑑定士による評価価格

 ・路線価格、公示価格            など

 

「決まりはない」が正解です!

 

勘の鋭いあなたはお気づきかも知れませんが

承諾料を安くしたい借地人と、もっと欲しい地主さん。

納得の落としどころを容易に決められると思いますか?

思惑が対極する当事者間ですよ (´ー`A;) アセアセ

 

感情が入ると更に面倒な状況にも

承諾料に納得出来なければ、借地非訟で争えますが

時間と費用も掛かるため、売却と同じスケジュールで進めることは

現実的とはありません。

 

結局のところ、地主さんと良好なコミュニケーションを日ごろから図りつつ

借地の専門知識に長けた不動産会社に相談しておくことが、納得の落としどころ

繋がってゆくのだと経験上、ワタクシ強く言いたいのです (((uдu*)ゥンゥン

(※借地の正しい知識を事前に理解し、不動産会社の選定を誤らないこと!)

 

この記事を書いた人
大山 太郎 オオヤマ タロウ
大山 太郎
地域一番の「信頼」と「誠実」で、ご満足頂ける取引を目指します! 最近の業務は、銀行や地主さんから相続や賃借人の整理等を頼まれることが 多いです。私が得意とする【プロのスキル】で、不動産における日々のお悩みを丁寧かつ確実に解決させます!是非当店をお選びください。
arrow_upward